グリチルリチン酸とは

化粧品の成分を注意してみてみると、名前は聞いたことあるけど、知らない成分ってけっこうありますよね?今回は私が知らなかった成分、グリチルリチン酸について調べてみました。

グリチルリチン酸とは甘草(カンゾウ)の根茎または根から抽出したグリチルリチン酸水溶液を酸性にして得られる白色~微黄色の結晶性の粉末で、無臭、特有の甘みがあるそうです。
甘い草と書いてカンゾウなので、いかにも甘そうなネーミングですね(⌒ь⌒)

外用薬として急性や慢性の皮膚炎に対して効果を持っており、速効性はあまり期待できないそうですが、連続使用しても副作用はほとんどなく、石鹸、歯磨、シャンプー、メイクアップなど様々な化粧品使われているそうです。甘草自体は咳などを抑える薬効がある生薬で甘味料として食品添加物にも使われているそうですよ。絶対一度は口にしてるはず!

カンゾウエキス配合などと記してある化粧品には、このグリチルリチン酸が含まれているということでしょう。ただ、化粧品でよく見かけるのは、「グリチルリチン酸ジカリウム」とか「グリチルリチン酸2K」などと表記されている成分ではないでしょうか?

この「グリチルリチン酸ジカリウム」と「グリチルリチン酸2K」は成分としては同じ(呼び名だけ違う)ようで、グリチルリチン酸は水に溶けにくいため、グリチルリチンをカリウム塩の形にした水溶性のグリチルリチンの誘導体とのことです。
つまりは、化粧水などに配合しやすいように改良されたグリチルリチン酸って感じでしょうか。。

具体的な肌への効果としては、炎症を抑え、肌荒れやニキビを予防することが期待できますので幅広く利用されている理由もわかる気がしますね。


投稿:haru | 2006年8月31日 14:03 | 化粧品成分 | コメント (0) | トラックバック (0)

セラミドとは

最近セラミド配合の基礎化粧品やサプリメントが話題ですね。
今回はセラミドとは何かについて書きます。

セラミドとは、皮膚の角質層の細胞と細胞の間にある脂質の約50%を占めるスフィンゴ脂質のことだそうです。セラミドは脂質なので、油の一種なのですが、その化学構造から油となじみやすい部分(親油基)と水となじみやすい部分(親水基)を持っているため、水分を抱え込むことができます。

最近乾燥肌になってきたなぁと、私は感じているのですが、それもセラミドの減少が関係しているのかもしれませんね。
というのも、セラミドは加齢によって、少しずつ失われていくそうで、減ってくると肌荒れや乾燥肌、しわ、たるみがの原因になるそうです。

セラミドの補給は美肌、美白の促進、肌荒れの予防、乾燥肌の改善の作用が期待できます。

アトピー性皮膚炎の人には、このセラミドが足りていないこともわかっており、その改善にも効果があると言われています。

従来は牛から抽出されたセラミドが主流だったようですが、狂牛病などが原因なのかはわかりませんが、最近は米ぬかや小麦粉、コンニャク芋など、植物から抽出したものが主流になっているようです。

私も冬の乾燥対策に向けて、セラミドに注目したいと考えてます(^o^)


投稿:haru | 2006年8月30日 16:45 | 化粧品成分 | コメント (0) | トラックバック (0)

コラーゲンとは

コラーゲンという言葉を最近特によく聞くようになったと感じますが、どんなものかご存知でしょうか?
私もなんとなくシワ対策など美容に良いというイメージしかなかったので、調べてみました。

コラーゲンとはたんぱく質の一種で、細胞と細胞をつなぎとめる役割をしているそうです。
さらに、水分を保持し、からだが干からびないようにする役割も担っています。
3本の鎖状の繊維が「らせん状」に絡まった特殊な構造をしていて、伸び縮みするので、肌のツヤとハリが保たれ、骨のしなやかさと強度も保ちます。
皮膚はもちろんのこと、筋肉・内臓・骨・関節・目・髪等あらゆる全身の組織に含まれていて、とても重要な成分なんですね。

たんぱく質の一種といいましたが、たんぱく質はアミノ酸が多数結合してできます。
そのアミノ酸の組み合わせには、必須アミノ酸9種(フェニルアラニン・トリプトファン・リシン・スレオニン・バリン・イソロイシン・ロイシン・メチオニン・ヒスチジン)と非必須アミノ酸11種の計20種が存在し、その種類や数、結合の順序によって、10万種類ものたんぱく質が存在するそうです。
体内には体重の約16%(体重60kgの人で約10kg)のタンパク質が存在するそうですが、その約30%がコラーゲン(体重の約5%)なんですって。いかに人間にとって大切なたんぱく質かってことがよくわかりますよね。

からだの中のコラーゲンは、必要に応じて体内でアミノ酸を原料につくられます。
生成されたコラーゲンは、古くなるとアミノ酸に分解され、代わりに新しいコラーゲンが生成されるという新陳代謝を繰り返しています。

しかし、年齢とともに新しいコラーゲンはつくられにくくなり、古いコラーゲンが体内に残ってしまうようになります。古いコラーゲンはもちろん、柔軟性・保水力が新しいものより機能しないのです。
コラーゲンの体内量は20歳代までが最も多く、 40歳代ではその量が半分になってしまうといわれています。

化粧品の効果でいうと、保湿力が強いので、コラーゲンの豊富な肌はみずみずしくてハリがあります。
逆にコラーゲンが不足すると皮膚を支えきれずに落ち込んでいき、シワを作る原因になります。また、保湿力も落ちるため、カサカサに荒れてしまうようです。

コラーゲンとかヒアルロン酸とか、成分を調べるたびに基礎化粧品やサプリメントで補給が必要な気持ちになりますね ;(´o`);
私は30歳手前なので、今まさに減少傾向にある時期でしょう。
いろいろな商品を試して、自分に合うものを見つけたいと思います。


投稿:haru | 2006年8月29日 17:11 | 化粧品成分 | コメント (0) | トラックバック (0)

WindowsXPに自動的にログオンする方法

私はWindowsXPのパソコンを使ってます。
最近ちょっと古くなってきて、起動にも時間がかかるようになってきたような・・・

だから、パソコンの電源を入れてから、コーヒーの準備をしたりとか、起動までの時間を有効に使いたいわけですね。
でも、現状ではログオンユーザー名、パスワードを入力する画面が出てきて、それのOKボタンをクリックしないと立ち上がり始めないんです。
コーヒーを作って、パソコンの前に立つと、ログオン画面ですすんでいなくて切なくなるって経験が結構ありました。

そこで、自動ログオンの方法を見つけましたので、同じような環境にある人のために記載しておきます。

[スタート]→[ファイル名を指定して実行] に 「rundll32 netplwiz.dll,UsersRunDll」 と入力してOKボタンをクリックすると、ユーザーアカウントの画面が立ち上がります。
そこに「ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックボックスがあるので、そのチェックをはずして、OKボタンをクリックします。
いつも使っているユーザー名とパスワードを入力して、OKボタンをクリックします。


家族でユーザー名を切り替えて使っている人なんかには向かない機能ですが、自宅で一人で使っているパソコンには時間節約のお勧めの方法だと思います。

セキュリティの意識が向上している現在、その流れと逆行した機能の紹介でした(笑)


投稿:haru | 2006年8月27日 09:57 | WEB関係 | コメント (0) | トラックバック (0)

フラーレンとは

フラーレンという成分をご存知でしょうか?

この成分は紫外線によって生まれる活性酸素を抑制すると同時に、発生してしまった活性酸素が肌の組織を攻撃、破壊する前に消去するという、注目の抗酸化成分です。
フラーレンはサッカーボールのような形状をしていて、活性酸素(フリーラジカル)をあたかもスポンジのように吸収して無害化するため、ラジカルスポンジ(RS)とも呼ばれるそうです。
その力は、ビタミンCの125倍以上だそうです。

もともとは2005年3月に三菱商事の子会社が販売を開始したようですが、その時は50mlで1万円くらいしていたようですが、最近は結構安価で手に入る基礎化粧品がありますね。

コエンザイムQ10くらい話題になる要素は持っているなぁと個人的には感じますが、どうなんでしょう。


投稿:haru | 2006年8月25日 17:27 | 化粧品成分 | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸配合の基礎化粧品やサプリメントがすっごくたくさん販売されてますね。
私も最近ではヒアルロン酸とかコラーゲンって言葉に弱くなってるような・・・

今日はヒアルロン酸について紹介しまーす。
ヒアルロン酸とは、お肌の中にもともと存在している保湿をつかさどっている成分です。
1gで6リットルもの水分を保持することができるそうで、加齢とともに減っていく成分で、30代になると約65%、40代で約半分にまで減少するそうです・・・
酸性ムコ多糖類で、皮膚では、タンパク質と結合して細胞の隙間を埋める基礎成分となります。
ムコ多糖類とは細胞と細胞の間を埋めている組織のことで、コンドロイチンと密接に関わり合いながら同じ働きを持ちます。
お肌の真皮層にはムコ多糖類(ヒアルロン酸含む)の他にコラーゲン、エラスチンといった、皮膚の弾力性を維持する繊維質の組織が網目状になっていて、その隙間をさらにヒアルロン酸が埋めているそうです。
ヒアルロン酸が減少すると、その繊維質を支えられなくなってシワができ、潤いやハリが失われるんですね。
ヒアルロン酸は食べ物で補うことが難しい成分なんで、サプリメントで内側から補う必要と、基礎化粧品で肌に直接働きかける必要があるんですね!

ヒアルロン酸は体のどの部分でも「粘性」「潤滑性」「保水性」を発揮しますので、医療現場でもよく使われています。関節機能改善剤、眼科手術補助剤、点眼剤や、外科手術後の体内組織の癒着防止剤としても使われているそうです。
間接を酷使するスポーツ選手や、競走馬にまで使われているそうですよ。
それだけ効果あるってことなんですね。

ちなみに、名前の由来は、牛の眼球のガラス体から発見されたので、ガラス体を意味する言葉「ヒアロイド」と、ウロン酸という物質を多く含むことより、「ヒアロイド」+「ウロン酸」で、「ヒアルロン酸」と名づけられたそうです。

私も最近では目尻のシワがちょっと気になっているので、サプリを飲もうと思ってネットで調べてみました。
ヒアルロン酸には、動物から取れる天然ヒアルロン酸と人工的に作る人工ヒアルロン酸があるようで、人工ヒアルロン酸のほうが安いため、現在主流のようですが、安全性の面では、天然のほうがよいようです。動物ってどんな動物かというと、なんとニワトリのトサカが主流らしいです。
鳥インフルエンザなんかの問題もあるので、原料に「国産のニワトリ」かつ「食肉用」のニワトリのトサカを使ったことを明記したヒアルロン酸サプリメントがベストだと思います。

私は下の商品を注文してみました。
初回はお試しということで、3,300円のものがなんと送料込みの500円で買えちゃいます!


ヒアルロン美潤の口コミ体験談はこちら


投稿:haru | 2006年8月19日 20:46 | 化粧品成分 | コメント (0) | トラックバック (0)

一眼レフデジカメについて

今日はデジカメの話です。
デジカメはこれまでは、ボディの小型化と液晶の大型化、高画素化をすごいスピードで展開してましたね。ついこないだ買ったのに、もう新製品が出てるよ~ってことが当然のようにありました。

でも最近では、コンパクトデジカメよりも、一眼レフデジカメが売れてるようです。
一眼レフの特徴は、なんといってもレンズ交換ができることでしょう!
私は昔から結構カメラ好きで、マニュアル一眼レフカメラ(ライカR5+ズミクロン50mmF2)なんていう、骨董品を未だに使っていたりします。
これはこれで、味があって好きなんですが、娘が生まれるのをきっかけに、一眼レフデジカメを買ってもらいました。(旦那も欲しかったようだ。)

買ったのはオリンパスのE-300ってカメラです。
14-45mmのレンズがセットになっていて、このレンズも良く写ってくれますが、単焦点レンズも欲しくて、同時に35mmF3.5レンズも買いました。


ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro 35MMF3.5MACRO[35MMF35MACRO]【J:4545350001414-5-1365】

■価格:27,800円(税込み)
■お届け:
■この商品の説明

2006/8/27まで!■必ずお読み下さい(注意事項など) ・★在庫状況の目安は、商品ページ上の画像右にある「■配送:」のコメントをご覧下さい  ストアミックス側の仕様により「■在庫:」欄は、正確な在庫状況を...
>> もっと詳しくはこちら
by D-tool

この35mmのレンズはすばらしく良い写りをしてくれます!!
マクロ撮影できるので、花などに接近して撮影するのに最適ですね。
本サイトの化粧品画像もこのE-300と3535マクロで撮影してます。
その割りに画像が綺麗じゃないですか?まぁ写真好きと撮影の上手さは比例しませんので・・・
上手く撮れるようになったら、写真ギャラリーコンテンツでも作ろうか。。

オリンパスの場合は、フォーサーズという規格になっていて、画角が2倍になります。
35mmなら70mm、14-45なら28-90mmという感じで、どちらかというと望遠向きでしょうか。
ライカのマウントアダプタってやつを購入して、ズミクロンも使えるようにしてますが、100mmの単焦点は使う機会がほとんどないのと、オートフォーカスの便利さに甘えて、ほとんど活躍してないですね・・・

一眼レフデジカメはコンパクトデジカメのように、液晶画面を見ながらの撮影というものができません。
ファインダーを覗いて撮影するしかないです。
この点は、例えば祭りなんかの人ごみで、カメラを掲げて撮影したり、ローアングルの撮影、低いところに咲いている花なんかを撮影する場合には不便だなぁと感じてました。
そんな折、オリンパスからライブビューという液晶での撮影をサポートする機種が出ているではないですか!!E-300の後継機種なのかな?


オリンパス(OLYMPUS) デジタル一眼レフ E-330純正レンズキット(ZUIKO DIGITAL 14-45mm F3.5-5.6レンズ付き)

■価格:110,040円(税込み)
■お届け:1-2日
■この商品の説明

このページはインラインフレームを使用しております。インラインフレームに未対応のブラウザをお使いの方はこちらへどうぞ このページはインラインフレームを使用しております。 インラインフレームに未対応のブラπ..
>> もっと詳しくはこちら
by D-tool

ほ、ほしいです・・・
スタパ斎藤さんも使ってるんですね。うらやましぃ・・・


投稿:haru | 2006年8月18日 14:30 | 家電・パソコン | コメント (0) | トラックバック (0)

Oisixのおためしセットを注文

どうも最近暑さで夏バテ気味です。
あんまり食欲もないし、娘がいるので、なかなか食材の買い物にも行けない。

なので生協か通販を活用しようかと思っていたところ、気になるセットが!!

Oisixおためしセット 2900円(税込)【送料無料】

これは良さ気ですね。
お試しセットなので、通常購入よりも1,100円お得なようです。
化粧品に限らず、トライアルとかお試しセットと名のつくものは主婦の強い味方かも(^0^)
早速注文しましたので、届いて食べてみて感動すれば、改めて感想を書きたいと思います。
もちろん食べてみて、良ければ定期購入して延々活用していければと考えてます。


投稿:haru | 2006年8月17日 23:31 | その他色々 | コメント (0) | トラックバック (0)

紫外線とUV商品について

暑い日が続きますねぇ・・・
高校野球もまさに熱闘続きですね、甲子園に見に行きたいなぁ。
でも、この年になると日焼けしたら、シミとなって残るんですよねぇ(泣)

みなさん、UV商品は使ってますでしょうか?
私はあまり外に出ることがないんで最近はあまり使ってないですが、自分に合ったUVを見つけることも重要ですよね。
そこで、今日は紫外線とUVの話です。

紫外線には波長の長さによって、UVA/UVB/UVCの3種類に分けられます。(波長の短いものほどエネルギーを持っています)
一番波長の短い、UVCは、オゾン層や大気中の酸素に吸収されてしまうため、肌への影響はほとんどないようです。
UVBは中間の波長の長さで、地表にはわずかしか届きませんが、UVAに比べ1000倍以上も有害作用を持っており、皮膚を赤くし、ひどい場合には水ぶくれをおこし、数日後には皮膚を黒くさせる作用があります。
UVAは、一番波長が長くて、地表に届く紫外線の90~95%を占めます。太陽光を浴びた直後から皮膚を黒くする作用があります。

これに対抗するために、やはり夏はUVカット商品を使うのがベストでしょう!
では、どれを選べばよいんでしょうか?UVカット商品には、SPF30PA+などの表記がありますよね?
「SPF」はUVBの防止効果、「PA」はUVAの防止効果を表しています。
日本人の場合、真夏の晴れた海岸で色白の人で約20分、普通肌の人で約25分、色黒の人で約30分程度で赤くなり始めるそうです。
SPFはSun Protection Factorの略で、「SPF30」、などの数値で表示され、SPF30の日焼け止めを塗った場合、何も塗らなかった人の30倍の時間肌が赤くなるのを防ぐことができるという目安となります。色白の人でも、20分×30倍=600分防御効果があるってことですね。
ちなみにSPF50より高い値はSPF50+で表示されます。

PAはProtection Grade of UVAの略で、「PA+」、「PA++」、「PA+++」の3段階で表記され、「+」が多いほどUVAの防止効果は高くなります。

ただ、高ければいいってものではなくって、高すぎれば肌への負担は増えるわけで、SPF値は夏場で30、冬場で20くらいの使用感のよいものを選べば良いんではないでしょうか。。

下記商品は子供にも使えるようで、肌にやさしそうです。


【サンプロテクトCE】

■価格:3,150円(税込み)
■お届け:
■この商品の説明

より安全に。より安心できる成分で、あなたのお肌をガード。お子様にも安心の日焼け止めです。...
>> もっと詳しくはこちら
by D-tool


投稿:haru | 2006年8月16日 11:44 | 化粧品関係 | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ作成について

ホームページ作成ってかなり難しいし、奥が深いですよね・・・
ブログならばそれなりに簡単に更新していけますが、HTMLとなるとかなり邪魔くさい!!
でもHTMLのほうが細かい作業ができたりとか、レイアウトも自由なので、私は両方使い分けてます。

でも、一介の主婦のサイトとしては、まずまず良くできていますでしょうか?
実は私は、その昔、デジタルハリウッドに通って、半年間WEBデザインの勉強をしておりました。
結婚して、仕事を退職して、暇な時間でパートしてましたが、「手に職をつけねばっ!!」と思ってパートしながら、デジハリに通ってたんです。。

いくら通っても、実際毎日触ってないとすぐ忘れちゃいますよ。。
子供が出来て、パートも辞めて、「さて、ホームページでも作るか」なんて考えても、作り始めるまで、相当なリハビリが必要でした・・・

え?それにしてはショボイサイトですって?
そうなんです・・・全然デジハリが活かされてないかも(TOT)
でも、でもいいんですっ!!このサイトは、綺麗さなんかよりも、情報量で勝負しますからっ!(質もあげないとね。)

でもやっぱり綺麗なサイトに憧れはありますね。

うーん、デジハリに通信講座があるみたいなんで、もう一回勉強しなおしたいなぁ・・・
旦那に相談したら、前回の二の舞になると不信がられるでしょうか?パートの貯金は娘のおむつ代に使うか(笑)


投稿:haru | 2006年8月15日 18:02 | WEB関係 | コメント (0) | トラックバック (0)

2 次の10件