化粧品成分紹介 コラーゲンの効果

化粧品成分紹介
 

コラーゲンとは

コラーゲンは、繊維状たんぱく質とも呼ばれ、人間の体を構成する全たんぱく質の
約1/3を占めています。

コラーゲンの体内含有量は20歳までがもっとも多く、それ以降は減り続け、
40歳代には約半分にまで減るそうです。


皮ふが老化する最大の原因は、コラーゲンの新陳代謝が衰え、コラーゲンが古くなって、
柔軟性がなくなり、水分を保つ場所も狭められることだそうです。保湿力が衰え、カサカサの
皮膚になり、光沢、なめらかさもなくなるんですね。

30歳を超えたらコラーゲンの補給が重要だと感じます。


【コラーゲン追記】

もう少し詳しくコラーゲンについて書いておきます。

コラーゲンとはたんぱく質の一種で、細胞と細胞をつなぎとめる役割をしています。
さらに、水分を保持し、からだが干からびないようにする役割も担っています。
3本の鎖状の繊維が「らせん状」に絡まった特殊な構造をしていて、伸び縮みするので、
肌のツヤとハリが保たれ、骨のしなやかさと強度も保ちます。

皮膚はもちろんのこと、筋肉・内臓・骨・関節・目・髪等あらゆる全身の組織に含まれていて、
とても重要な成分なんですよ。

たんぱく質の一種といいましたが、たんぱく質はアミノ酸が多数結合してできます。
そのアミノ酸の組み合わせには、必須アミノ酸9種(フェニルアラニン・トリプトファン・リシン・
スレオニン・バリン・イソロイシン・ロイシン・メチオニン・ヒスチジン)と非必須アミノ酸11種の
計20種が存在し、その種類や数、結合の順序によって、10万種類ものたんぱく質が存在します。

体内には体重の約16%(体重60kgの人で約10kg)のタンパク質が存在するそうですが、
その約30%がコラーゲン(体重の約5%)なんですって。いかに人間にとって大切なたんぱく質か?
ってことがよくわかりますよね。

からだの中のコラーゲンは、必要に応じて体内でアミノ酸を原料につくられます。
生成されたコラーゲンは、古くなるとアミノ酸に分解され、代わりに新しいコラーゲンが
生成されるという新陳代謝を繰り返しています。

しかし、年齢とともに新しいコラーゲンはつくられにくくなり、古いコラーゲンが体内に残ってしまう
ようになります。古いコラーゲンはもちろん、柔軟性・保水力が新しいものより機能しないのです。
コラーゲンの体内量は20歳代までが最も多く、 40歳代ではその量が半分になってしまうといわれています。

以前コラーゲンのサプリメントを飲んでいましたが、乾燥肌&加齢に対抗するためにも私にとっては
必須サプリメントかなぁと感じてます(^▽^;)
⇒すっぽんコラーゲン配合「すっぽん小町」の口コミ体験談はこちら

化粧品の効果でいうと、保湿力が強いので、コラーゲンの豊富な肌はみずみずしくてハリがあります。
逆にコラーゲンが不足すると皮膚を支えきれずに落ち込んでいき、シワを作る原因になります。
また、保湿力も落ちるため、カサカサに荒れてしまうようです。

※コラーゲンはそのままだと化粧品に配合することが、難しいため、
水溶性コラーゲン(アテロコラーゲン)にして配合されることが多いようです。
加水分解コラーゲンは水溶性コラーゲンよりさらに水溶性に優れています。

コラーゲンとかヒアルロン酸とか、成分を調べるたびに基礎化粧品やサプリメントで
補給が必要な気持ちになりますね (´o`);


私は30歳手前なので、今まさに減少傾向にある時期でしょう。
いろいろな商品を試して、自分に合うものを見つけたいと思います。




アドセンスバー
 
 
基礎化粧品 ランキング
姉妹サイト:サプリッチ 〜サプリメントの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜
Copyright 基礎化粧品ドットコム 〜基礎化粧品トライアルセットの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜 All Rights Reserved.